サイトマップ

印刷

今さら聞けない! UEB移行英語点訳研修会 へのお誘い(終了しました)

 英語点字が統一英語点字(UEB)に移行して、数年が経過しました。いくつかの略字が廃止されただけ……と思っている方、まずは、次の問題を解いてみてください!(点字使用の方はbesの資料でご確認ください)

 この問題に自信をもって答えられなかった方は、この夏、ぜひ別紙の研修会にご参加ください!
 校内で、試験問題や入試問題の相談を受けたり、校正にあたったりして、より正確な知識を求められる立場の専攻科の点字使用の先生方、また英語科の先生方も歓迎します。
 

1 目的

  • 校内で英語点字の校正をする立場にある、すでにEBAEを習得している専攻科の先生方を対象に、UEBの具体的な変更点を改めて周知する。(英語科教員も可)
  • 演習をとおしてUEBを正確に使いこなす力を身に付ける。

2 日時

  令和4年8月22日(月)  9時30分から16時00分まで

3 会場

  東京都立文京盲学校 オンライン(ZOOM)による実施

4 対象

  • ご自身はEBAEを使用してきた、点字使用の専攻科の先生方。
  • より正確なUEBの知識を身に付けたい英語科の先生方。

5 講師

  日本ライトハウス点字情報技術センター顧問  福井 哲也氏

6 内 容

  • UEBの主な変更点
  • 試験問題の点訳
  • 演習 ほか

7 実施の方法

  • 講義はZoomで行います。
  • 演習はご自分のパソコンで取り組み、データを送っていただく形になります。

8 資料について

  • 資料代:800円
  • 申込書に使用文字(点字・墨字)をお書きください。
  • 申し込み締め切り後に、講師より資料を送付します。同封の郵便振替用紙で、日本ライトハウス宛に資料代を振り込んでください。

9 申込について

  • 下記連絡先まで、申込用紙に記入の上、8月5日(金)までにメールでお送りください。
  • 件名は「UEB研修会申し込み」としてください。

10 オンラインに必要な環境について

  • パソコンでご参加ください。
    (スマートフォン、携帯電話は不可。また、タブレット端末は画面共有が難しいためお勧めしません)
  • 接続の確認を希望される方は、申込書にその旨お書きください。

11 連絡先

   〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-6
     東京都立文京盲学校  担当:名取惠津子
     TEL 03(3811)5714
     FAX 03(3812)3446
     メールアドレス:Etsuko_Natori@education.metro.tokyo.jp
 

問題の正解はこちら!

 

1.誤り

mistakeのstは縮約で書かなければならない。EBAEでは接頭辞と語幹にまたがって縮約が使えないルールだったが、UEBでは逆に使うのが原則になった。
 

2.誤り

T.の前に(Thatと区別するため)1級記号符を付けなければならない。なお、A.は、アルファベット縮約語と誤読することがないので、1級記号符は不要。
 

3.誤り

CDsのsの前は56の点ではなく、大文字終止符 6・3の点を付けなければならない。ちなみにこれはEBAE時代から書き方は変わっていない。
 

4.誤り

tempuraに前置するイタリック符は、UEBではイタリック単語符46・2の点でなければならない。
 

5.誤り

4thのthには縮約を使うことができない。EBAEでは、このような序数の語尾には縮約を使っていたが、UEBでは数字の直後は1級モードに遷移するというルールになったため、縮約を使うことができない。1stのstも同様。
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目7番6号
電話 : 03-3811-5714 ファクシミリ : 03-3812-3446
アクセス